#エコキュート #エコキュート交換工事 #相馬市 #南相馬市 #浪江町
本文へ移動

給湯器交換

石油給湯器を交換をご検討の皆様へ

普段私たちが何気なく使用しているお湯は生活する上では非常に重要な存在だと思います口を広げてにっこりした顔きらきら
家庭でのお風呂温泉はもちろんの事、洗面・流し台・洗濯などで使用されてますよね上向き三角記号(アップ)
 
【エコ革命勃発】
一般住宅でお湯を作るシステムは数種類ありますが、これから新築を建てる方、既に建てた方はエコキュート(ヒートポンプの技術を利用し、空気の熱でお湯を沸かします。)を選択される方が大半だと思います。エコキュートは2001年に初めて世に登場し、瞬く間に住宅市場へ浸透して行きましたギクッとしたマーク
 
エコキュートが普及する前は同じく夜間電力でお湯を沸かす電気温水器(本体単体のみで、過熱出来るヒーターを備えている温水器)や石油給湯器が一般的でした。
 
都市ガスが普及している場所ではガス給湯器が普及しますね驚いた顔家族構成や、電力・灯油の消費の考え方などで、どの給湯器を使用するか決める方も多いかと思います。
 
【生き残れるのか?石油給湯器】動揺した顔
そこで今回はまだ需要が高い「石油給湯器」に焦点をあてて、更新する時に灯油代をお得に出来る方法を考えてみたいと思います色とりどりのきらきら石油給湯器メーカーも代表的なメーカーは数社ありますが、機器の大きさは各社に大差は無いと思いますいいね(手の指正面)現在は給湯器の各部品が小さくなってますので、本体自体もコンパクトでお湯の圧力もパワフルな構造になっております上向き三角記号(アップ)
 
そんな石油給湯器ですが、現在各メーカーが力を入れている高機能な給湯器がございます。
 
それがエコフィールでございますきらきらエコシリーズは石油給湯器のみならず、ガス給湯器などでも展開されております。このエコフィールですが、メーカー資料を確認しますと、「従来捨てていた排ガス中を回収して再利用するシステムを搭載した新しい石油給湯器」となっております。
 
熱効率を極限まで高めて灯油の使用量を節約し、CO2の排出を削減できる仕組みとなってますので、空気環境の保全と、灯油の消費削減を目的とした給湯器となってる訳ですね上向き三角記号(アップ)
 
【エコフィールは地球にやさしく経済的】地球
エコフィールの機能要した給湯器と、搭載してない給湯器を比べると、「年間79リットルの灯油代を節約出来る」そうですきらきら灯油1リットル93円の計算で7,300円節約となりますね!
 
1リットルあたりの灯油代が高くなれば更に節約する金額は大きくなりますね!(灯油なので、価格は変動します不安そうな顔
 
が、しかし…ここまではとても良いお話なのですが、1点正直にお話する事がございまする動揺した顔それは「初期投資」が必要なんですねびっくりマーク(破裂)カタログを掲載したメーカーの給湯器でエコフィールが搭載されてるのと、無いとで定価を比べますと、本体の価格差が約¥66,000程エコフィールの機能が付いてる方が高く設定されてますギクッとしたマーク
 
でも安心して下さい!先ほどエコフィール石油給湯器の燃料費が年間7,300円お得になっておりましたので、9年間ご使用頂ければ「初期投資」は回収出来る計算となりますきらきら通常メーカーで修理部品を在庫してるのは製造年月日から10年程度となってますので、途中メンテナンスを入れたとしても、最低11年以上使用出来ればご購入様の勝ちですね王冠(エコキュートの部品も取置きは10年程度です。)あとはお得な給湯生活を満喫して頂けますウィンクしたニンマリ顔
 
【エコフィールはお勧め出来る給湯器であった!】
私の経験上石油給湯器の平均寿命は15年位だと思いますので(当たりはずれは実際あります。。)大きな節約になる可能性はだと思います。(地域によってはエコフィールの補助金もありますので、自治体へ確認も行った方が良いですね点滅している電球)設置工事費の違いはエコフィールには排ガス中の熱を回収した際に出るドレン水が発生しますので、そのドレン水を排出する配管が必要なだけで、大きな違いは無いですOK給湯器は設備機器の中でも高額な商品となってますので、今後更新される際には機器本体の価格、電力・燃料費の動向、環境等を考慮しながら選定していくのが重要と考えますね点滅している電球当然その選定のお手伝いから工事までお受け致しますので、お気軽にお見積りご相談お寄せ下さいませ上に曲がる右矢印(赤)
TOPへ戻る